検索
  • 石田勝己

商いは飽きない

今なお、完全に以前まで戻らない宿泊業界ですが、少しばかり明るさも見え、お客様受け入れの準備を急ぐ昨今です。その昔、私の元上司がダジャレのつもりで「商いは飽きない」と発した事を思い出しました。「アキナイ」をもじって言った言葉です。旅館ホテルでは、来館されるゲストの変化はあるもの、宿側は、毎日が同じルーティンの連続で変わらない受け入れをするのが通例です。これでは、やはり「飽き」は来ます。変化をもたすこと、例えば季節のイベントやスタッフによる企画などで、宿側が「アキナイ」工夫をする。また定期的なリニューアルも「アキナイ」工夫。今後、旅館ホテルが多様な工夫でゲストを飽きさせないこと、それは受け入れる宿側が進化してゆくことを意味すると思います。これまでの慣習に縛られることなく「商いを飽きない」よう準備を進めましょう。




閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示