検索

「先回り」の「おもてなし」

我々ツーリズムの事業領域では、航空会社の客室乗務員さんが行うサービスに多くの「気づき」あります。 実例を少し、、、国内線での一コマ。フライト時刻が昼前で短時間の乗り継ぎがあった私は、ランチを機内で摂ることしました。空港でお弁当を購入し搭乗、離陸後シートベルトサインが消灯した...

集客営業サービス「宿えらび」本格的に始めました。

ようやく雲が切れ、観光事業に活性が出てきそうな状況になって参りました。 旅館ホテルの皆さんも「これからだ!」と意気込んでいらっしゃると思います。 お宿応援隊もワクワクした気持ちで進んで参ります。 さて、少しばかりテストを行ってきました旅館ホテルの集客営業サービス「宿えらび」...

「宿つどい」南紀白浜からスタート 

2022年6月22日に旅館ホテルと協力会社の新たな出会いにより、宿泊業界が更なる発展を遂げることができる事を願い、展示会を開催いたします。 目的は、 ◇コロナ禍で疲弊している旅館ホテル及び飲食店へ情報の提供と共有を行い、元気になっていただく。...

ルーツ

急用で母の故郷へ出向く機会があり、自分のルーツについて考えることができました。 九州の離島「甑島」がその場所で、しばらく前にはテレビの番組でその名を耳にしたことも しばしば。高速船で50分とその昔からは随分早く移動できる「島」となりました。...

ご来場ありがとうございました。

ホテレス2022へのご来場ありがとうございました。お宿応援隊は、新たなサービス「宿KOMONO」や「お宿気づき塾」をメインに、これまでの基本ワークである「現場プロジェクト型カイゼン活動」を更に進化させて参ります。お宿応援隊グループ関係者のみなさん、遠隔にてサポートしてくれた...

2022年の取り組み

お宿応援隊は2022年の活動テーマを「生」としています。 これには、幾つかの意味を感じています。 「生きること」「生まれること」「生かすこと」です。 ◆生きること 親から貰った大切な命を有意義に生きているか。 健康を維持する、人の役に立つ、社会の役に立つ事。 ◆生まれること...

今年一年

今年も、あと数日で新たな年に代わろうしています。思い出すと色々あった一年でした。春にお宿応援隊の法人化を行い、直後に体調を崩し会社存亡の危機を迎えましたが、最終的にその危機を乗り越え、スタッフを増員して新規事業を立ち上げたという大凡一年では起こらない変化でした。それらのシー...

販売の三原則

むかし、「販売の三原則」と言うものを学んだ事があります。最初に売るもの、それは「自分自身」。そして二番目に売るもの、それは「商品の価値」。最後に売るもの、それは「販売条件」の3つ。順番もこれを守れば美しい販売が可能であると言うもの。この原則、結構使えます。例えば、最後の「販...

旅館ホテル向けused品マッチングサービス「宿KOMONO」および人材育成サービス「お宿気づき塾」始めます。

お宿応援の新たな取組みとして、旅館ホテルの倉庫などで眠ってる使わない備品を必要な旅館ホテルへ繋ぐサービス「宿KOMONO」を開始いたします。12月に専用WEBサイトリリース、その後、全国の旅館ホテル様へご案内と進めます。併せて、旅館ホテルの「人づくり」を応援する取組みとして...

good job!

久しぶりに接客のプロを見ました。ワインを少し購入するため訪れた酒屋さん。ワインについては、全く知識が無い私は、店内をウロチョロ。そこに品出しをしていたスタッフさんが、「ワインお探しですか?」との声掛け。「はい。でも知識が無くて‥」と返答すると、「少々お待ちください。ワインの...

商いは飽きない

今なお、完全に以前まで戻らない宿泊業界ですが、少しばかり明るさも見え、お客様受け入れの準備を急ぐ昨今です。その昔、私の元上司がダジャレのつもりで「商いは飽きない」と発した事を思い出しました。「アキナイ」をもじって言った言葉です。旅館ホテルでは、来館されるゲストの変化はあるも...

期待をもちつつ

コロナ禍が先行きを見通せない中、少し明るいシミュレーションをしたいと思います。 例えば、コロナ前、年間1億円の売り上げがあった宿があるとします。 (黒字か赤字かは別として)当時の稼働を60%だったとすると、理論上、この宿は1億÷60%=約1億6千万ほど売れるキャパがある計算...

恐る恐る飛び立つ

よく比喩される表現に、「鳥は向かい風を受けて高く飛び立つ」と言うものがあります。どのような逆境にも前向きに考えて行こうと言う意味として使われるようですが、我々が今、直面しているコロナ禍が、この「向かい風」に当てはまると思います。...

ワクチン接種

先日、ファイザー社のワクチン接種を終えました。集団接種会場には、案内の方々、説明の方々、事務処理の方々、ドクターの方々、看護師の方々など、たいへん多くの皆さんが業務をされていました。時は日曜日、一般には、多くの方々がお休みを取られる曜日。にも関わらず皆さん頑張っておられます...

「人」がすべて

組織やコミュニティは人の関わりで成り立っています。「企業は人なり」と言う言葉があるように、ITやデジタルが世界を席巻しても、その仕組みを作るのは「人」に違いありません。どう生きるか?どんな努力をするのか?どのように役に立つのか?そんな問いに答えを出せるのは、やはり「人」なの...

「かもしれない」思考

自動車の運転によく言われる「だろう運転」と「かもしれない運転」。前者は、前方の車は急に右折してこないだろうなどの楽観的予測に基づき自動車を運転する思考。もちろん交通事故のリスクを高める為NGとされます。それとは逆に後者の「かもしれない運転」は、「歩道から子供が飛び出てくるか...

自分たちにできること

3度目の緊急事態発出に際し、皆さん各種対応にご多忙かと思います。かねてより発信して参りましたように、ワクチンが十分に行き渡るまで、このような波が数度押し寄せるのは必至であり、都度対応する覚悟が必要です。プラスして比較的安定している時期に改善を進めておく事も重要です。...

補助金申請の考え方

コロナ禍の中、当方にも補助金申請の案件が多くなってきました。そこで、基本的な考え方を発信しておきます。「当たり前のこと」ではありますが、もう一度再確認してみてください。 まずは、①旅館ホテルの運営に関するあり方を明確にしてください。つまり経営理念です。「地域に貢献する」や「...

おくゆかしきサービス

早朝の大阪空港で・・・ イートインは対応できないもののテイクアウトは可能なカフェ。パンを購入したら、コーヒーとアメニティのサービスを行なっていました。お店には目ざといサービス告知は無く。コロナ禍にあって、事業者は厳しい環境ですが、単にプレゼントでの客引...

1
2